Dance

よく泣くね。パート2

posted in 22:00 December 13, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(2) TrackBack(0)   monaka独り言  Dance このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
イトル通り、昨日までの二日間は、体の半分以上といわれる水分が、
目から耳からどばどば溢れ出る二日間でした。懐かしい人達との再会に胸がいっぱい。
どうやら、年のせいにしてたけど、わたしは生まれつきの泣き上戸でしたね。ご承知おきを…。 あ、知ってるか。

 
「SANDTOPOS」は、マチネは最後部の真ん中の席から、ソワレは前から二列目のセンターあたりで観劇しました。
 プログラムに掲載されていた舞踊評論家・石井達郎さんの文章が印象的で、まさに、「毒消しならぬ、毒の上盛り」
が期待される蒼々たる出演者。でもその毒も、初演から数えて8年の月日と共に変化し、三人の家族と砂の有り様が、
とても緩やかに静かに優しくさえ感じました。
 8年前の怪我を間近で見たトラウマか、いつもみや子さんを「頑張り過ぎないで〜」と、客席から願う気持ちで観ていましたが、
今回の舞台での彼女は、とてもマイペースに、丸みを帯びた背中のまま、お二人の毒を飲みながら砂場で遊んでいる子供のようでした。
あの当時トゲトゲ反逆児だったキムさんも、まるで月へなにかをお願いしてる無垢な少年のように見えた。
笠井先生は、遠慮なくみやこさんをぶんぶん振り回しながらも、母のように妖艶で美しかった。
それから、岩渕貞太、笠井瑞丈、畦地亜耶加、三人の砂の化身。
この三人はブラジルで見たときよりさらにグレードアップしていた。舞台上で、そこにいるのに、いない。
消えてしまえることはそうそう出来ることじゃない。ほんとに驚いた。
今回初めて加わって下さったという、チェロ奏者の林峰男氏の演奏は、耳に心地よく、正直ブラジルの時より好きでした。


「日記」もまた、初演やブラジルの時と少し演出が変わっていた。
途中使っていた、古い着物のシーンは今回なく、そのシーンはジャケットパンツスーツに赤いコサージュを付けて、
江利ちえみ(高倉健の元妻)の“お家へ帰ろう”の曲とともに、陽気に踊っていた。
長い白髪の髪がかっこよくて、昔から尊敬してやまない大好きな舞踊家、片岡道人さんが隣の席だったので、終演後お話したら、
「みや子ちゃんは、昔からさらりと踊るんだけど、間の使い方が絶妙にうまいんだ」と話していた。
若い頃の彼女の踊ってる姿を、いま生でみたらどう感じるのかな…なんて思った。
まぁ、よくこのプログラムの中にソロを入れたと思う。
本人「もう踊れないかもしれないから…」なんてボソっと弱気なことを言ってたけど、
あなたはまだまだ大丈夫です。踊り創り続けてほしい。



「笑う土」は、それこそ客観的に(まさに客席から)見るのはこれが初めてのこと。
舞台袖では感じ得ない感動や発見が沢山あり、どのシーンにも思い出があって、
各シーン導入ごとに、涙がたらり、鼻水たらり、ふきとるのも、すするのも忘れて、泣いたり笑ったり、もー大変でした。

美加理さんの強烈な存在、新メンバーが加わったことで、また新しい「笑う土」が誕生していました。
ラストシーンの座敷童子が、現代人に変わって行くところは今回新しい演出で、この案は美加理さん本人からの発案だったそうです。
実際、美加理さんもご多忙の中、岩手まで足を運び民話など取材されたそうでした。
あの作品の中使われていた、老婆のような語りは、彼女の声というから本当に驚きしかありません。
彼女の着物の袖から小さく伸びる、綺麗にそろった白い手、その親指の角度までが、ぞくっとする程美しく、勉強になりました。

そして、どの人も主役に成りうるような作品の構成力には圧巻。
お客さんは視線に困ることがあるかもしれないけど、引いてみたとき、それはまるでひとつの発光体のようだった。



出演者、スタッフの皆さん、素敵な舞台をありがとうございました。
この作品の、すべてが愛おしかったです。


BlogPaint

※ラストシーンで投影されていたこの写真。
ブログのアイコンにも使用してますが、実はブラジリアでわたしが撮ったものw
超お気に入りの一枚だっただけに驚いて、
「おぃおぃ、みやこちゃん、著作権が…」なんて冗談を言っといた。ほんとは嬉しかった。

 
 

よく泣くね。

posted in 21:33 December 10, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(0) TrackBack(0)   monaka独り言  Dance このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
日から始まる舞台のゲスト出演者のイチさんが、USTREAMに掲載していた動画。

久しぶりに感じる本番前の空気と、イチさんの行動力と優しさに感謝しながらの感泣。
(最近、よく泣くんです。年ですね。)

ブラジル巡回公演の際も貴重な映像を沢山提供して下さったイチさん。
踊ることとは別の角度からも、本当にプロのお仕事を間近で教えいただきました。


イチさん、ありがとうございました。


真奈加

















加藤みや子ダンススペースブラジル凱旋公演

posted in 22:38 December 08, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(2) TrackBack(0)   monaka独り言  Dance このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
んなギリギリに告知する私を、どうかお許しを・・・。

さぁ、いよいよ今週末ですね。
カンパニーメンバーのみんな、スタッフの皆さん、寒さで体調崩したり、怪我などしてませんか?

昨晩、プログラム掲載文章の原稿をみや子さんから渡され、打ち込みしながら涙が止んなくなりました。
カトスペにとって、これだけ長い期間同じ作品を繰り返し繰り返し、色んな土地、色んな人との関わりで生まれ育ち、
皆で創ってきた作品だという歴史を、そう、走馬灯!(この単語ピッタリ!)のよーに思い出しました。


「サンドトポス」は、2002年に恵比寿イーストギャラリーにて初演だった。当時、ベルギーから帰国すぐで、父の他界もあり、
この親子3人という設定がすごく興味深かったことが記憶に鮮明。
砂を劇場内に敷き詰めるという設定に劇場側も眉間にしわモンで、スタッフも外から砂を運ぶ際、バケツリレーして頑張った。
3回公演の中日に、当時、砂の化身役だった島地のリフトから砂の上にジャンプする箇所で着地に失敗し、足首を複雑骨折。
カーテンコールに再びダンサーが出て来ない中、キムさんが袖から両腕でバッテン印の合図を出したときは何事か?と思った。
結局、代役もたてず、自ら椅子に座った状態で楽日をやりのけたみや子さん。あれは脱帽だった。


「日記」は、母(わたしにとっての祖母)のルーツを辿るような作品。引揚者だった祖母を、
母(みや子さん)の目、耳、体を通して景色として描いたような作品と私は勝手に思う。
ラストに聴こえる子守唄は、実際の祖母の子守唄を録音したもの。
赤ちゃんの声は実はわたしだったりする。


「笑う土」に関しては、ここには書ききれない歴史がある。
2007年の岩手県安家の合宿に始まり、青山円形劇場、盛岡劇場、ブラジルのピニェイロス劇場(サンパウロ) 、
アマゾナス劇場(マナウス)、 FUNARTE劇場/国際芸術ファウンデーション(ブラジリア)、 グアイラ劇場(クリチバ)、
 カイシャ劇場(リオデジャネイロ) 、現代舞踊展2009メルパルクホール、日暮里サニーホール…

今回の新国立はある意味集大成となるはず。
自分がその同じ舞台にいないことへの後悔は、嫌でもしたつもりだったけど、ここにて改めて。。。


さて、これでもかってくらい泣けたので、本番は全身の穴をかっぽじって全公演しっかり観覧するぞ!!
なんてったって、美加理さんが座敷童だ。想像しただけで鳥肌がたつ。

みやこさん、どうか、倒れないで、踏ん張ってくれ!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 


加藤みや子ダンススペースブラジル凱旋公演

2010/12/11,12

新国立劇場 小劇場

11(土)「SAND TOPOS」
出演:笠井叡 伊藤キム 加藤みや子
笠井端丈 岩渕貞太 畦地亜耶加  演奏(チェロ):林峰男

開演 15:00〜/19:00〜 (開場は30分前)

BlogPaint


12(日)「笑う土」「日記」
「笑う土」
出演:美加理 市原昭仁(山海塾) アオキ裕キ
加藤みや子ダンススペース

「日記」
出演:加藤みや子 演奏:加藤訓子 美術:三輪美奈子


開演 14:30〜/17:30〜 (開場は30分前)

BlogPaint

チケット: 一般前売り  ¥4500(当日¥5000)
学生前売り   ¥3500(当日¥4000)
セット券 一般 ¥8000(当日¥9000)
学生 ¥6000(当日¥7000)


チケットお申し込み: アネックス仙川ファクトリー/03-3309-7200 

 BlogPaint
コチラからもチケットが購入できます。 

BennyMoss上海公演!

posted in 22:00 December 08, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(0) TrackBack(0)   Dance  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
内友香里主催、BennyMossが今月末に上海公演が決まったそうなので僭越ながらMYブログにて告知いたします。


BennyMossといえば、09年ダンスフェスティバルSETAGAYAに始まり、日暮里d-倉庫 でのMSA企画「jellybeanZ」、
そして「INSIDE/OUT」建築の時間・ダンスの時間@世田谷美術館と、昨年はカッキーと沢山お仕事させていただきました。

今思い返すと、作品の中にセリフや台本などのストーリー設定がしっかりあることに慣れない自分にとって、
初めて感じる難しさや葛藤、自分への不甲斐なさを感じるリハに毎日頭を掻きむしってました。
フォーサイスのダンス映像からフリを完コピする指令には、さすがに度肝を抜き放り投げたい衝動も起きましたが、そーいう自分と対峙させてくれたことに、今は感謝ばかり。

そんな BennyMoss上海公演!
「SMAP」のコンサートさえ、沖縄・尖閣諸島沖での漁船衝突事件の影響で中止された昨今、それでも尚、強行したカッキーの熱意を、
海を越えて応援、観に行ってくれる方、お近くにお住まいの方をご存知の方、是非是非足をお運び頂けたら幸いです。
このダンサー3人のメンツは凄いです。きっと何か起こるはず!!


以下、BennyMoss主催カッキーより。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

垣内友香里です。

上海にお住みのお知り合いの方にぜひお知らせください。転送大歓迎。

みなさまのblogに以下の情報をアップしていただけたらと思います。


海外といえども、中国はお隣の国、これから航空券を買って、見に来ませんか?パスポートの無い方は、取得を

お急ぎください。

当初予定していた、会場が変更になりました。(理由については、vol.31のご案内をお読みください。)

Zendai Contemporary Art EXhibition Hall (http://dca.zendaiart.com/) 

上海郊外にある、素敵なアート空間です。写真を添付します。重くてすみません。

みなさまには、近くのホテルをご紹介できます。


東京ダンスタワーvol.30 

「jellybeanZ」祭、なぜか自主公演!!私達と、メリークリスマス!上海蟹があなたを待っている!

2010年12月25日(土)、15時開演

12月26日(日)、15時開演

「jellybeanZ」

振付:垣内友香里

出演:根岸由季・深見章代・垣内友香里

テクニカルディレクター:サエグサユキオ

協力:後藤茂

入場料:無料!

助成:なし

会場:Zendai Contemporary Art EXhibition Hall (http://dca.zendaiart.com/) 

詳細は東京ダンスタワーブログにて:

http://dance-tower.jugem.jp/

 

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



 

発表会

posted in 04:33 September 27, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(6) TrackBack(0)   Dance  monaka独り言 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
晴れの澄んだ朝、緑から勇気をもらう為、朝から芦花公園にジョギング。
行けるはずがないと思っていたけど、前日の夜になって、やっぱりどうしても観たくて、朝まで脳内シュミレーションを繰り返してました。




第43回KDSpaceの発表会。


最初から最後までの5時間半、全てを客席から観た。


4歳から踊り始めて27年、ジュニアクラス講師として教えるようになって10年、
毎年開催されるこの発表会を、客席から観るなんてことは初めてのこと。
なんで、今わたし、ここに座ってるんだろと呆然としつつ、次々と始まる演目に一人でドキドキしてた。

子供たちのダンスに冒頭から涙が止らず。
一番後ろから観ても、誰がどの子かわかる。
あーあの子はここでいつも失敗しちゃうんだよなって箇所で成功していたりすると、グっとにぎり拳に力が入ったり。
初めてのソロで緊張してる子、必死に思い出そうとしてる姿とか、なんとか最後まで踊りきった子とか、数ヶ月会わないだけで、ものすごく成長していた。

いますぐ近くに行ってハグしたかった。

前日の夜、舞監の川俣さんからのメールより「最終演目でみや子さんが踊る」ことを知る。
みや子さんはわたしに、観に来いとも、自分が踊るということも、何にも言わずにいてくれていた。感謝しかない。
こっそり観るはずが、彼女のダンスに思わず手拍子してしまった。


帰宅後、緊張がほぐれたか倒れるよーに寝てしまい、そのせいで今、真夜中に目が覚めました。


テーブルの上に紙袋があるから何かなって思ったら、
仙川Jr.クラスの子供達から、手紙が何十通も入っておりました。


裏口から客席に入り、目立たないようにこっそり観ていたつもりでしたが、
どうやら誰かに見つかっていたようでした。
みんな本番を終えたあとに楽屋で書いてくれた走り書きでした。
誰がどのように集めてくれたのかわかりませんが、ほんとうにありがとうございました。


子供たち、各クラスの先生方、スタッフのみなさん、父母の皆さん、カンパニーメンバーのみんな、今日はほんとうにお疲れさまでした。


胸がいっぱいです。

ほんとうに素敵なダンスでした。



畦地真奈加



BlogPaint




懐かしい仲間たち

posted in 06:50 September 19, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(2) TrackBack(0)   monaka独り言  Dance このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
2008年の夏、日伯交流年(日本人ブラジル移住100周年)認定事業として、加藤みや子ダンススペースで訪れたブラジル。

カンパニーメンバーのKayちゃんが、
「笑う土」作品に出演した現地ダンサーの懐かしい顔ぶれをmixi日記にUPしてくれていた。

ブラジルツアー中のイチさんが、山海塾公演の楽屋裏へ訪ねてきたエドゥアルド、シモーニ、アンドレイア、カロリーニの短いビデオをYouTubeに載せてくれたそーな。
ありがたい、そして懐かしい。




ものすごーく大昔のよーにも感じる。






BlogPaint


BlogPaint

当時の写真。「笑う土」作品、千秋楽舞台上にて。
 

BlogPaint


踊っていた記憶より、裏方してる記憶の方が色濃く残っているのは私だけだろうか・・・。 

MOKK観劇

posted in 23:58 June 17, 2010 by drecom_azukimonaka

Comments(2) TrackBack(0)   Dance  monaka独り言 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
方から、友人とMOKKのダンス公演を観に行って来た。

会場が教会ということで、西洋風な古い建造物を勝手に想像していたが、
外観はコンクリートうちっぱなしのとてもモダンな建物でした。

アクティングエリアとなる空間は、天井が高く、シンプルな円盤形の照明がいくつも下がり、
木目の床も椅子も、背景のガラスと合わさってとても無機質で教会のイメージを覆された。

タイトル『LAURA(ラウラ)』の意味を、観劇後の電車の中プログラムを読んで知る。
ギリシャ正教での“修道院”という意味と、“Laura(ローラ)”一般的な女性の名前という意味だそうだ。




BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint



BlogPaint

10年前の話になるが、ベルギー北部の田舎町Lierに住んでいた頃、
歩いて数分のところに修道院があった。
その修道院の区画に入ると、急に人っこ一人いなくなり、
街の喧騒もピタリと静まり、空気の密度が緊張感をもって変わってしまう。
過去へタイムスリプしたような気分になる。
でも、窓辺に飾られた生々しい鮮やかな花や、細かい技法の手作りレースを見つけ、
閉ざされた中で厳格に過ごすシスターの生活イメージが、とても豊かに華やかなものに変わった記憶がある。

そんなことを思い出した。


誰がいいとか悪いとか書くのって野暮かもだけど、
松元日奈子さんのカラダはすばらしーね。
踊ってる景色が残像となって脳にこびりついたな。
そこにないものを、あるように、信じて動く肉体や、空間からは
色んな記憶が蘇って面白い。
年始早々3ヶ月くらいダンスを一切観ない時期を初めて過ごしたけど、
やっぱりダンスは、時々何かを目撃できる瞬間があるから、嫌いも含めて好きだ。
同じことを、オリンピックやなんかのスポーツでも思います。
何かって何だ。お風呂で考えよう。





そのMOKK公演、明日明後日も続きます。
会場を走り回る若い女性ダンサー達から風がおきますよ。これぞnatural Fan!!?
ムシ暑い今日みたいな日におすすめです。

以下コピペ、公演詳細です!
ご興味あるかたは足を運んでみてはいかがざんしょ。




jpg



MOKK project03『LAURA』

6月17日(木)     20:00
6月18日(金)*16:00 / 20:00
6月19日(土)*15:00 / 19:00
*マチネ公演・・・斜陽バージョン

受付開始は開演の60分前、開場は開演の20分前。

公演情報について・・・MOKK(http://www.mokk.cc)
チケット予約フォーム・・・http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=jq40yjtia6tjaixs

チケット大好評発売中!上のチケット予約フォームをご利用ください。
全席自由・日時指定・税込
前売:2,800円/当日:3,300円

【会場・アクセス】
東京キリストの教会
地図 http://blog.mokk.cc/images/LAURA-Map-web35kb.jpg
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-30-17

東京メトロ千代田線 代々木公園駅(1番出口)より徒歩7分
小田急線 代々木八幡駅より徒歩7分
__________________


踊りは祈り

私の右手は万物の表層をなぞり 
私の左手は万象の深層をさぐる

私の声は高く 遠く 彼方に向かい
くりかえし くりかえし
美しくこだまし

やがて墜ちるかすれる唄声
静寂よりうごめく
自身の陽脈、陰脈


【演出・振付・音楽・出演】村本すみれ

【出演】阿部遥 天野美和子 石和田尚子 上野江美
江藤裕里亜 大穂綾子 尾畑明歩 片ひとみ 塩川友佳子
篠ヶ谷美穂 菅彩夏 多田名津子 手代木花野 寺杣彩
中武円 中村緩奈 中村桐子 野村恵子 町田妙子
松元日奈子 松本みゆき 宮尾志帆 山口由莉 ほか

【衣裳】竹内大悟 【照明】影山雄一
【音楽製作】フジモトヨシタカ(ar)
【音響】井上林童 【舞台監督】大畑豪次郎
【ダンスミストレス】寺杣彩
【歌唱指導】三戸亜耶 【制作協力】吉田千尋
【プロダクションスタッフ】加藤小百合
【宣伝美術】菅渉宇 【宣伝写真】大橋翔
【制作】上栗陽子
【協力】シバイエンジン
【企画製作】MOKK



posted in 01:40 December 06, 2009 by 

Comments(0)   Dance  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
ゴラ劇場に、黒沢美香さんの『耳』初演ソロ公演を観に行った。

minimal_front-s.gif



けっこう早くに到着したつもりが、開演前劇場には客の人だかり。
やっぱりこの日はすごい人気。Sold Out。
整理券20番をもらい、入場するや最前列をゲットできた。

彼女が舞台に現れた瞬間、あのなんたるやピリリとした緊張感がたちこめる。
ぎゅうぎゅう詰めの座りづらい桟敷席でも背筋が伸びた。
耳というアンテナに着目し、終始彼女の肉体に迷いがなかった。
指先から足先まで、垂れた胸元までほんとうに美しかった。
全ての導線、行為に、信じる強さと疑う強さがあった。
もう、それを目で追うだけで興奮してる自分がいました。こんなの久々。
共演されていた“首くくり拷象”という方が、舞台で本当に赤い縄に首(顎)をいれて宙に浮いた時は、その圧倒的な景色に涙がでた。
だってその瞬間チムチムチェリーの曲が流れるんだもん。
ありゃ、泣いちゃう。ツボ泣き。
サエグサさん、やってくれたな~。

帰り、駒場東大前のお好み焼き屋“富くら”へ。
お笑いのほんこんの店。
いい観劇の後のビールは美味い。

世田谷美術館で踊りますのお知らせ。

posted in 01:07 November 10, 2009 by 

Comments(3)   Dance  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
りがたいご縁で、
来月、世田谷美術館の屋内外で踊らさせて頂くことになった。

砧公園の一角にあり、四季折々の変化が楽しめる自然豊か~な美術館 クローバー
昔から父の彫刻作品が所蔵してあり、幼少時からよく家族で訪れた思い出深~~い場所でもある。
世田谷美術館を建築された、建築家・内井昭蔵氏の文献などを読みながら、新たな視点で世田谷美術館の空間を見ると、いままで気づかなかった細かな装飾やラインに気づいて驚いた。

この場所で踊れるなんて、ほんとうに嬉しい。
ぜひよかったら、お散歩がてらブラっ~と観にきて下さい♪

※館内~外へと移動型なので、歩きやすい靴でいらっしゃることをお勧めします。
ちなみに私は、14:00~と、16:00~の垣内友香里さんの枠で踊ります。

真奈加



rimg1044.jpg


rimg1043.jpg


img20091110.jpg


鐘内井昭蔵の思想と建築展関連プログラム鐘
INSIDE/OUT  建築の時間・ダンスの瞬間

「建築と身体」をテーマとしたダンスプログラム。 3人の気鋭のダンスアーティストに加え、国内外で活躍する音楽やビジュアルアーツのアーティストも参加し、美術館のあちこちでサイトスペシフィックなダンスを展開します。 あらゆる場所が展示のみならずパフォーマンスなどにも使えるように、との考えで設計された世田谷美術館の建築空間を生かし、エントランス前広場やくぬぎ広場など館内外7箇所が舞台となります。

出演: 振付:鈴木ユキオ、新鋪美佳、垣内友香里
出演:鈴木ユキオ、安次嶺菜緒、加藤若菜、畦地真奈加、大江麻美子、新鋪美佳ほか
日時: 12月19日(土)
14:00~垣内友香里(1)
15:00~新鋪美佳
16:00~垣内友香里(2)
17:00~鈴木ユキオ


※時間変更の可能性があります。
※各回15~30分のパフォーマンスを予定。
申込方法: 当日開演10分前に各スペースに集合。
※集合場所は当日受付にてご案内します。
※定員のあるスペースは先着順締切とさせていただきます。
※基本的に立ち見のイベントです。椅子席はございません。
会場: 世田谷美術館の館内外7箇所※小雨決行。荒天の場合はスペースを移動して上演する可能性があります。
対象: 一般
参加費: 無料
その他: 企画協力:Offsite Dance Project

詳細はコチラ♪

リリーフランキーの声が好き。

posted in 01:28 October 11, 2009 by 

Comments(2)   Movie  Dance このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
TSUTAYAで映画『ぐるりのこと。』を借りて見た。

映画とは不思議なもんで、これも縁かなと思うんですが、
いまの自分が無意識に欲している何かが
たくさんちりばめられてる作品でした。

どうにもならないこと。
自分が欲する“うつくしさ”と“みにくさ”があった。
それと、自分には表現出来ない滑稽さがあった。
憧れる。
こーなりたいと、思うけど、
変われるようで変われないもんなんだ。
だからひたすら、ひっそりと。
それでいいんだと思わせてくれた。

でも、この行為自体「ひっそりと」じゃなくって
胡散臭い。