徒然ズレズレ

posted in 01:54 April 09, 2011 by drecom_azukimonaka

日の宮城での震度6強(M7.4)の余震。 

やっと、前に進み出した頃ってときに東北の人たちの心の状況
思うと。うぅ。 


でも、安全な場所にいる私が暗くなっててもしょうがない。
これに関して言えば、母はスバラシイ。復活が早い。
この思考回路なんで受け継がれなかったんだろ。


今日は、ダンス仲間のkayちゃんと下北沢で会った。
東北支援の看板が目に付き、農民カフェでご飯。
おいしい野菜、鍋、日本酒を堪能。
すっごいしゃべった。しゃべりながら、あーそうかと思う事沢山。

今週の日曜日に高円寺である原発デモ。
参加しようかどうしようか迷っていたけど、
表面だけの認識のまま声高に叫べない。
長い先の日本の未来を考えれば、原発に関して根本は猛反対。
でも、当面やるべき対応は推進派も反対派も同じと思うので
今日みたいに、友人と原発について話すことから始めたい。


ただ、都知事選挙だけは絶対に行く。
いままでの投票とは違うと思う。
原発に対して推進してる人より、反対してる人に当面の安全点検はしてほしい。新規設置も絶対やめてほしい。

おかげと言ってはいけないのかもしれないけど、
3月11日以降、色んなことが頭の中で線で繋がりだしてる気がします。
ただ、まだ脳みそがついていけてない。または、頭の中だけしか繋がってない。

自分のできること、どこに意識を向けていきたいのかをはっきりさせて勉強したい。
結局、子どもへ意識がいく。教育とかセラピーとか。

 

ずっと塞ぎ込んでた根本の理由は、ダンスを踊ることにしても、創ることにしても、伝えていくことにしても、
まぁ、生きていくことなんだろうけど、なんの思想もことばももたないままでいる自分のまま、
子ども達や観客の前にたつことに恐怖とか嫌気がさしたんだと思います。

環境のせいにするのはよくないけど、
わたしはあまりに恵まれた場所にいたし、苦労という苦労もしてこなかったと思う。父の死が、創ることへのエネルギーを生んだけど、急に終わった。


ただ、何かを目撃できるダンスの力は体感として信じた経験があるから、まだ諦めないでいる。
だから、これをどうやって社会に結びつけていけるのかが今後のわたしの課題です。

 

 

内心、個人的自粛モードは1年前からずっーと続いていたので、いい加減このままじゃやばいです。
頭でっかちで、お腹もぽっこりです。

 

さぁ、どう動きだすの?に答えは出ていませんが、どーにかします。

 


※ここまでの長文、実はフランスニ居る大切なひとに宛てたメールをほぼコピペしました。
今日は日本酒、ウォッカのお湯割り(ジンジャー入り)を飲みましたね。
明日の朝、削除しないでね、私。 

 

 

 

 

 

 



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字