キュウリの牛さん

posted in 00:33 August 17, 2010 by drecom_azukimonaka

に、母と送り火を焚いた。



BlogPaint



この世とあの世を行き来するための乗り物として、
迎え火の時はきゅうり(足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように)を、
送り火はナス(歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように)を用意します。

過去のブログ
にも書きましたが、3年前は母がオガラを買い忘れ、
オリジンの箸で代用したのは記憶にまだまだ新しいw

「今年は、ちゃんとあるわよ」とオガラ。


でも、やっぱり期待を壊しませんね・・・。



「あ〜〜〜〜!ナスがない!!」



と冷蔵庫を見て叫んでます。
用意してたのに、客人と忘れて食べちゃったそうな・・・。




そんな訳で、残ってたキュウリで代用。


母「このキュウリ太めだから、きっとゆっくり行くわよね!ね!拓さん(父)。
あ、そうだ、角つけちゃおうかしら!!」


って・・・。



牛に、角は、ありません。


合掌。



 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 朋子 青木   August 17, 2010 10:18
お盆だね〜
うちも小学校くらいまでこういうのちゃんとやってたけどな。

ママと仲良しだね!ママ面白いね!
ジョギングのブログも笑ったw
2. Posted by Kay   August 17, 2010 13:50
うちは昔からお盆ってやらないな…エライ。
牛、角あるやん。
安家の牛さんにもばっちり生えてたよん。
3. Posted by monaka   August 19, 2010 17:45
トモチ>昨日はありがと〜。 韓国料理美味しかったね!
スチーム掃除機は役立ったかな?
先っちょにつけるブラシを持ってくの忘れちゃったんだよ。ごめん!!

4. Posted by monaka   August 19, 2010 17:47
Kay>角・・・あったね(爆
暑さで頭やられちゃったかな。
安家での夏、懐かしいね。ちょうど今頃だったね。
焼き肉屋の前の牧場で、牛の群に睨まれたの覚えてる。

コメントする

名前
 
  絵文字