ジョギング→盧花恒春園

posted in 23:06 August 16, 2010 by drecom_azukimonaka

近、午前中のまだ涼しい時間帯を狙って、近所の芦花公園にジョギングしてます。

BlogPaint

プロボクサーで、じゃあの!でお馴染みの竹原慎二プロデュースのサウナスーツを新調し、気分は上々。

最近観た高襟公演『The Michest』の影響か、Michael Jackson をiPodでガンガンにして走るのがオツです。


今朝は初めて、母も一緒に走ることに。
忙しかったから、こんなことでも満面の笑みで付いて来ました。


BlogPaint

早速始めた柔軟体操。
呼吸法やら、何やら色々説明してくれはります。

BlogPaint

そいで、腹筋。


BlogPaint

そいで、前屈台。結果マイナス10cm。
帽子が落ちる。

BlogPaint

わたしマイナス15cm。勝った。
還暦越えて早2年の母に得意がるわたし。

みや子悔しがり再挑戦するが、記録は変わらず。

BlogPaint

そこで、路線変更。渡り棒に挑戦する、みやこさん。

何度もバランス崩しては落ちる。

ほんとに悲しそうな顔をするので、

「その厚底の靴がよくないんだよ。」と慰めてみる。

BlogPaint

すると案の定、裸足で再挑戦。

こーいう根性が、舞踊歴うん十年つー歴史を生むんだなと感心。


BlogPaint

ジョギング後、同じ敷地内の盧花恒春園へ立ち寄る。
明治・大正期の文豪、徳富蘆花と愛人夫人が後半生過ごした旧宅跡。
ちなみに入場は無料。

BlogPaint

 BlogPaint



BlogPaint

BlogPaint



お家の入った時の、あのなんとも懐かしい木造の匂いがいい。
この古い家具にもいろんな記憶が詰まってるんだろうなと思うとドラマチックだ。

祖父から引き継ぎ、建て直す前に昔住んでた家を思い出す。
人間の記憶って、毎日少しずつ脳から処理され消えて行くけど、
物置の匂いとか、柱のちょっとしたキズとか、壁の恐い形のシミとか、なんでもないことでドバババっと蘇る。人間ってすごい。

最近色んな事があって、申し訳ない気持ちやらで家の中でも母と会話が少なかったから、いい家族の時間が過ごせたな。
不器用だけど、優しくしたいなと思ふ、そんな今日でした。






 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字