血のり

posted in 23:08 March 09, 2009 by 

Comments(4)   Movie  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
日は、UNOスタジオでBennyMossリハと、日暮里d-倉庫でOM-2黄色舞伎団「リビング2」の楽日を観賞。

長髪の男性の狂ったダンスソロと、電気スタンドを片手に持って動くことによる、背後に映される影との関係が面白かった。劇場壁一面に手書き文字が投影されるラストシーンも美しかった。
ただ、普段好んで観る舞台で、“血のり”使った作品を観る機会が少ないせいか、
パフォーマーの体に血のりがベットリついている絵面に少々ひいてしまった。

血のりと言えば、昨日TSUTAYAでレンタルして見た北野武監督「アキレスと亀」の中のシーンに、
義理母が崖に身投げ自殺をはかり、その葬儀で息子がその義理母の遺体の顔にかかった
白い布をめくって顔を見るシーンがあったが、
あの義理母のピエロのように、顔半分絵の具で塗りたくったような鮮やかな赤い色が
まったくもって嘘っぽくて、滑稽で好きだった。
本当なら、顔かどうかも判別できない程グチャグチャになってるであろうリアリティーを逆手に取って、わざと滑稽にバカバカしくさせている。

わたしがいつか、作品で血のりを使ってみたいと思うことがあれば、
後者でいくだろうなと思う。

この記事へのコメント

1. Posted by hal   March 13, 2009 10:40
アキレス はやくみたいな まなかの表現で北野武の世界が目に浮かんだよ
血のりを使えるなら鼻血程度でためしてみたい
2. Posted by manaka   March 15, 2009 00:22
こないだは変なメール送ってすまない。
アキレスみてみ。ラストでオ~!ってなるよ。
ハルの鼻血姿想像したらウケた。
3. Posted by hal   March 15, 2009 08:51
メール?きてないよ
アキレスの評判全く聞いてないの わざと
最後オーってなんのね!?
あぁこれで血のりと二つも情報を入手しちゃった
4. Posted by monaka   March 16, 2009 20:48
hal>えぇー!!?
3月7日に送信済みになってる・・・。
なじぇー???
でも、まぁ、いいや。
暗いメールだったから(笑)
アキレス。
ストーリーのラストというよりか、ラストのカットにおぉー!だったよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字