ふつかめ

posted in 23:17 April 09, 2006 by 

な夢を立て続けに見た。
夢の役割はストレスを解消し生活の中で得た情報を眠ってる間に整理してくれるらしい。
けど夢の中でさえ、シーンがポンっポン飛ぶ。普段も会話で連想が飛躍するのと同じで整理もなにもないかんじ。


今日みた夢は、わたしが不治の病におかされている設定だった。
余命数ヵ月と宣告をうけるも1ねん以上もってる。
んでなぜか父親が生きてる。
一番印象的だったシーンは、病院に見舞いに来た父と廊下を猛ダッシュ。約100メートルくらいの長い廊下を走り終わったあと、ふたりで両手をひざにつきドラマみたいに大笑いする。

すると今度は、福岡にいるはずの親友のAちゃんがいて
なぜかふたりで坂の上にいる。田園調布あたりかなんかの静かな住宅街にある坂。
そこからゴロゴロころがるわたしとAちゃん。“首からいくとあぶないから肩からね”とかって転がりかたを指導してるわたし。
ゴロゴロ転がって行くと、だんだんAちゃんは上達してきてだんだん赤いボーリングの玉に変わり、超早いスピードで転がりつづけ、交差点で何かをグチャリとひく。
すごく真っ赤な血が吹き出してた。
キャーーーーーーとか言って目がさめる。



この記事へのコメント

1. Posted by まりも   April 11, 2006 14:05
まいど♪
まりもです☆
もなさんご機嫌麗しそうでなによりです♪
そんな夢をみましたか!!!
それはきっと。。。
すってきな○○○はいないっかなぁ♪病だと思いますぞ☆
2. Posted by monaka   April 14, 2006 00:38
病人扱いですか!!
そこまで重症でもないので御安心を。
しかし最近眠りが浅いのかいろんな夢ばかりみます。
まりもっチは、おまわりさんの夢みますか?
3. Posted by monaka   April 15, 2006 00:39
いま気付いたんですが・・・
これって予知夢???

コメントする

名前
URL
 
  絵文字